バドミントン部の試合結果です。
May 10, 2021

5月1日(土)と2日(日)に北九州市春季A・B・C・D級バドミントン大会が総合体育館にて行われました。シングルスとダブルスの2種目が行われ、シングルスは男子が5名、女子が1名参加し、ダブルスは男子が4ペア参加しました。どちらの試合も予選リーグを行った後、各リーグ一位のみ決勝トーナメントに出場できます。男子はダブルスでもシングルスでも決勝トーナメントまではいくのですが、そこからの勝利が遠く敗退しました。また、OBがC級で参加しており、準優勝しました。次回の大会からはB級での出場になります。

5月8日(土)と9日(日)にはインターハイ予選の団体戦が行われました。対戦校は小倉工業高校で、非常に強かったですが良い試合をしてくれました。結果として1-3で敗退しましたが、自分たちの成長を実感できたのではないでしょうか。その後、敗者復活戦で小倉西高校と対戦しました。序盤からペースを握られ0-3と完敗でした。この大会を機に、3年生が引退します。今後は新チームで活動し県大会出場を目標に、日々の練習に取り組んでいきます。

バドミントン部顧問 南部 真志

市民戦での一戦。若干リードしています。終盤の粘りが勝敗に関わります。
市民戦でのシングルス。一人ですべてを拾うのはとても大変で、俊敏なフットワークが重要です。
市民戦でのダブルスです。二人の息が合わないと勝てません。
団体戦でのコーチングの様子です。2セット目で修正できるところを指導しています。
コーチングを受けて気合いが入っています。立て直すことはできたでしょうか。
3年生ペアです。見事勝利しチームに勢いをもたらしてくれました。
シングルスです。相手の速いスマッシュも返し、何とか食らいついていました。
敗者復活戦での一戦です。3年生はこれで引退になります。悔いはないでしょうか。