県大会出場を決めた卓球部です。
May 6, 2021

令和3年度福岡県高等学校総合体育大会卓球選手権大会北部ブロック予選が、4月25日(日)、29日(木)、5月1日(土)、2日(日)の4日間の日程で開催されました。

女子シングルス・・・橋本茉桜(3年)、藤井はるか(2年)

男子ダブルス・・・山中颯隼(2年)・若宮直輝(2年)ペア

女子ダブルス・・・橋本茉桜(3年)・藤井はるか(2年)ペアが県大会出場を決めました。

学校対抗戦

男子1回戦 対小倉商業0-3

女子1回戦 対自由が丘3-0、

2回戦 対北九州市立1-3 となり、女子は団体戦で県大会出場を決めました。

県大会日程

シングルス…5月22日(土)中間市体育文化センター

ダブルス…5月23日(日)直方体育館

学校対抗…5月29日(土)、30日(日)久留米アリーナにて行われます。

今回、男女ともに団体戦で県大会出場とはなりませんでしたが、男子は1・2年生のみの若いチームです。この悔しさをバネに新人戦での飛躍を期待しています。また、女子は県大会で1つでも多く勝てるように更なる活躍を期待しています。

卓球部監督 井上 栄治

監督からアドバイスをもらっています。
個人戦でも県大会出場の2人。ダブルスでも県大会出場をかけた試合です。
1点1点確実に息を合わせたプレーが求められます。見事に勝利し、県大会出場を決めました。
ベスト4決定の試合です。敗れはしましたがよく健闘しました。
試合後の表情が印象的です。お互いの健闘を称えます。
ダブルスで県大会出場を決めた2名。自信を持って大会に臨んでください。
女子卓球部です。昨年大会に出られなかった先輩方の思いも背負って戦ってきてください。