ニュース News

バドミントン部の結果と1年生の特設授業の様子です。 April 27, 2021

4月24,25(土、日)に令和3年度福岡県高等学校総合体育大会バドミントン選手権大会福岡県北部ブロック予選会が北九州市立総合体育館にて行われました。慶成高校からは、ダブルスが男子4ペア、女子1ペア出場し、男子1ペアが一回戦を勝ち抜いたものの、二回戦で早くもシード選手と対戦し敗退しました。女子も同様に一回戦を勝ち抜いたものの、二回戦で第1シードの全日本代表にも選出されているペアとあたり、敗退しました。4年後オリンピックに出場するかもしれない選手と戦えて光栄だったのではないでしょうか。シングルスは、男子4名、女子3名が出場し、男子2名が二回戦まで出場したもののそれぞれ敗退しました。二週間後は団体戦が行われ、小倉工業高校と対戦します。勝利を目指して頑張ってください。

4月26日(月)1時間目に1年生を対象に、「高校生と人権」という特設授業が行われました。様々な内容を話した中でも、SNS関連の話はとりわけ重要でした。今の高校生の多数がSNSを利用していることでしょう。ですが、そのSNSは一度ネットに掲載してしまうと消えないといわれています。これをデジタルタトゥーといいます。自分の中では消したつもりでも、不特定の誰かがその情報を保存しているかもしれないということです。その情報によって誰かが不利益を被ることになるかもしれません。SNSの利用は十分に気を付けましょう。

男子ダブルスです。集中してサーブを打とうとしています。
女子のシングルです。しっかり動いて羽を打ち返しています。
1年生の特設授業です。「高校生と人権」について話しています。
特設授業を聞いています。SNSの利用の仕方は十分に注意しましょう。