特別進学コース
General course
普通科
大学進学を支える基礎学力を養成し、生徒の目標に応じた柔軟なカリキュラムで、個性を活かした進路実現を目指す。

普通科's Points

個々に応じた学習カリキュラム
<平成30年度入学生より再編!>

平成30年度より「特別進学コース」「進学コース」の枠を取り払い、「普通科」として再編します。既存のコースは「国公立理系」「私立文系」と両極端なコース編成となっていたため、多様化し、新しい制度が導入されていく大学受験の中で、生徒一人ひとりの進路に対応することが難しくなってきました。そこで、2年次からの「文理コース分け」と「習熟度別授業」を組み合わせることで、幅広く、生徒が自身の目標に合わせた授業を受けられるように再編成しました。

昨年度までのコース編成(イメージ)
平成30年度 コース編成 (イメージ)

このようなコース編成にすることで、理系の生徒であっても苦手科目は基礎レベルから学習できますし、逆に得意な科目だけは発展レベルの授業を受け、どんどん伸ばしていくことができます。生徒の個性をのばす慶成高校普通科です。

徹底した進学指導と充実した学習環境

普通科は大学進学を目指す科ですので、1年次には基本3教科(国・数・英)の学習をメインとし、2,3年次からは理系科目、または文系の演習科目に多くの授業を費やします。

理数科目は高校生が苦手意識を持ちやすく、大学受験においては避けたがる科目ですが、実はきちんと学習すれば、文系科目よりもテストでの得点が伸びやすいのです。他の受験生が苦手とする分、理系科目をしっかり学習することで、大学受験が有利になるのは当然の事なのです。本校は昨年まで理系の特進コースでしたので、理系科目対策は万全です!

全国模試 偏差値推移グラフ
(平成28年度卒業生A)

また文系コースでは国語・地歴・数学・英語の「演習」の授業を準備しています。新しい大学受験では「応用力」を求められると言われていますので、記述式の問題対策、プレゼンテーション等、受験を意識した問題を解きながらも、実践の中で「応用力」を養っていきます。

さらに、ICTの活用、「スタディサプリ(リクルート)」を使っての反転授業の導入、土曜テストの実施、放課後に学習が可能なWi-Fi完備の自習室を備える等、様々なアプローチで効率的かつ自主的な学習を支えます。

独自の教育プログラムで可能性を引き出す進路指導

生徒たちが自分自身で進路に対する目標をしっかり定めることが、進路実現の第一歩だと考えています。1年次から生徒自身が興味のある分野を選択し、実践的、主体的に学ぶ「選択課題研究」の授業で自ら学ぶ姿勢を育みます。

その他にも、各種進路行事や2年次からの各自の進路に応じた「総合学習」などを通して3年間で「何を何のために学ぶのか」を見出し、生徒自らが考え、積極的に行動することを重視します。自分の目標に向かって自ら学ぶ姿勢を育てます。

課外活動も充実、多様な経験を重視

他の科やコースでも同様ですが、進学コースにおいては特に部活動やボランティア活動への参加を積極的に推奨します。その他にもアジア派遣研修事業にも積極的に参加し、短期海外留学、アジア地域からの留学生の受け入れなど、多様な経験を積む機会をもうけます。このような課外活動に意欲的に取り組んだ経験が、学習面にも良い影響を及ぼし、進路実現につながると考えるからです。

進路実績

国公立大学
九州大学
九州工業大学
長崎大学
大分大学
北九州市立大学
大学校
防衛大学校
水産大学校
九州職業能力開発大学校
私立大学
西南学院大学
福岡大学
近畿大学
甲南大学
筑紫女学園大学
奈良大学
西南女学院大学
九州産業大学
福祉科
Welfare course
福祉科
思いやりにあふれ、豊富な知識と技術を持ち、即戦力として高齢社会に貢献できる人材を育成する。

福祉科創設の精神

今世紀、3人に1人が65歳以上の高齢者という超高齢社会が到来します。障害や老齢によって介護を必要とするすべての人が明るく希望を持てる社会を実現するため「法律・制度」「医療」「介護」の専門知識を持った介護福祉士の存在意義が質的にも量的にも日に日に大きくなっています。本校は全国に先駆けて平成7年度から人間科学科(現在の福祉科)を設置し、福祉教育の充実、地域社会と密接に結びついた福祉活動に役立つ人間の育成を目指しています。

取得目標資格
  • 介護福祉士(受験資格)
  • 介護職員初任者研修
※厚生労働省の指導により、介護福祉士国家試験資格取得者は45名が上限となります。

福祉科's Point

実践を重視した介護福祉士養成プログラム

3年間を通じて多くの福祉科目を履修します。介護施設での「介護実習」に備え、福祉実習室を完備して実践に即した授業も行います。また、福祉の問題について自主的に調査研究を行う「課題研究」などを通じて、知識と技術、福祉の問題について考える「福祉マインド」を育成します。

全国トップレベルの国家試験合格率

国家試験である「介護福祉士」は年々難易度が上昇していますが、本校は全員合格を目指し、長期休暇中の課外授業や勉強合宿など、様々なプログラムで合格をサポートします。福祉科全員が一丸となって激励式を行い、心技体を充実させ国家試験に挑むことで以下のような実績を修めています。

介護福祉士国家試験 合格率
全国平均 慶成高等学校
平成27年度58.0%96%
平成26年度61.0%98%
平成25年度64.6%97%
平成24年度64.4%100%
平成23年度64.0%100%

就職・進学決定率100%

超高齢化の北九州市において福祉科の就職率は100%を継続しています。近年は福祉について深く学ぶため、さらに看護・医療系の知識を習得するため、様々な理由で進学を希望する生徒も増えています。福祉科の高校の生徒だけが利用できる「福祉科推薦」制度を利用しての受験も可能で、それぞれの試験科目に応じてきめ細かい個別指導を実施しています。

進路実績

国公立大学
大分大学
北九州市立大学
大学校
北九州看護大学校
私立大学
西南女学院大学
東亜大学
東筑紫短期大学
関西福祉科学大学
専門学校
小倉南看護専門学校
おばせ看護専門学校
小倉リハビリテーション学院
北九州保育福祉専門学校
就 職
社会福祉法人 おきなの杜
社会福祉法人 年長者の里
医療法人 社団桜会
特別養護老人ホーム かざはな園
介護老人保健施設 桜丘
社会福祉法人 済生会くれたけ荘
日本赤十字社福岡県支部 豊寿園
特定医療法人 北九州病院
社会福祉法人 恩賜財団済生会
コンピュータビジネス科
Computer & Business course
コンピュータビジネス科
IT時代のビジネスを学ぶとともに各種資格取得を目指し、幅広い分野で活躍できる実務のエキスパートを育成する。

コンピュータビジネス科's Points

実践に即したビジネスを学ぶ

1年次より、多くの商業科目を通じてビジネスを学びます。その知識を生かして3年次、商業活動を体験的に学習する「総合実践」、商品開発、仕入れから販売まで生徒自身が行う「販売実習」などの実践的な学習を行っています。これらを目標に据えることで、ビジネスマナーなどの基本的な部分、パソコンなどのスキルもしっかりと身につきます。ビジネスを体験的に学習するカリキュラムです。

資格取得を徹底サポート

取得目標資格
  • ITパスポート
  • 日商簿記検定
  • 全商簿記実務検定
  • 全商情報処理実務検定
  • 全商ビジネス文書実務検定
  • 全商珠算・電卓実務検定
etc..

コンピュータビジネス科では各種資格取得を徹底的にサポートします。授業の中で多くの時間をビジネスの基礎となる商業関連の資格、コンピュータ関連の資格取得に費やします。また、「日商簿記」「ITパスポート」など難易度の高い検定を受験する生徒には課外などの個別指導を実施し、合格者を出しています。

平成26年度
全国商業高等学校協会主催検定合格率
簿記実務検定98%
情報処理実務検定83%
ビジネス文書実務検定75%
珠算・電卓実務検定99%

資格を生かした進路指導

各種の資格はその能力を証明するものであると同時に、3年間の高校生活の学業の成果を証明するものです。したがって、就職のみならず進学にも有利となります。近年では「商業科推薦」制度を利用し、取得した資格を生かして大学を受験する生徒も増えています。また、資格取得という明確な目標を設定することで、学習習慣が身につき、他の教科にも良い影響が出ています。

進路実績

国公立大学
北九州市立大学
私立大学
福岡大学
久留米大学
福岡工業大学
近畿大学
西日本工業大学
九州国際大学
日本文理大学
西南女学院大学
九州女子短期大学
福岡こども短期大学
専門学校
KSC専門学校
大原公務員専門学校
就 職
トヨタ自動車(株)
日産自動車九州(株)九州工場
日産車体九州(株)
(株)ナミユニット
(株)ヤマト運輸<事務職>
第一交通産業(株)<事務職>
(株)山崎製パン
(株)伊藤園
(株)アカギ<事務職>
自衛官<一般曹候補生>
下関消防署